[ カテゴリー » いい男と出会えない ]

「かわいい」だけの女性にはイイ男性は振り向かない!

そこで「女を磨く」という問題が出てくるのです。「かわいいだけではダメだ!」と主張します。もうひとつ理由があります。顔のかわいさは天性のもので、磨いたものではないからです。天が与えてくれた美しさなど吹けば飛ぶようなものです。

身をもち崩した女性の中に、そんなタイプはいくらでもいるではありませんか!それは男のイケメンと同じです。ホストになって女を騙す男も、いくらでもいるでしょう。そんなことをしていたら、イケメンの顔も、次第に醜く歪んでくるのです。

女性でも、かつては美人だったと思われるタレントたちが、口を歪ませ、化粧を厚くし、中には何回もの整形で顔を保ちながら、テレビの画面に出ている歌手もいます。年をとれば誰でも醜くなるのです。しかし芸域を広げて、人間性を磨いていった高齢の女性の中には吉永小百合など、いまでも魅力的な女性が大勢います。

彼女たちは顔のかわいさより「かわいげ」を磨いてきたのです。かわいげとは仕草であり言葉づかいです。これならいくつになっても、失われることはありません。あなたも魅力を磨かなければ、いい男はやってきません。たとえば言葉を磨くだけで、どんなレベルの男性ともオドオドしないで話せるようになるのです。

「アイツがよう」「バッカじゃないの」「アイツ、イケメンじゃん」などという話し方をしていて、いい男が寄ってくると思いますか?いい男ほど、レベルの高い女性を求めているのです。レベルが高いとは、清純であることとは違います。清純は無知と紙一重。「知りません」「わかりません」ばかりで、本物のデートができると思いますか?

いい男は、ズバリいえば、いい種を残したいと思っているのです。高学歴の男はわが子にもそうあってほしいし、オリンピックで活躍するような男はその子もオリンピックに出したい。サラリーマンはおとなしくて優しい子を産んでほしいし、職人はしっかり逞しい子がほしい。商家は明るい子がほしいし、警察官は大きくなってグレるような子はいらない・・・。

つまり自分の家系や職業にふさわしい子がほしいのです。裏を返せば、そういう子を産んでくれる女性を選びたいのです。もちろん中には、子どもはいらないという男も大勢いますが、男という性の子孫保存欲求は本能なのです。

あなたには、自分なりに希望している彼の仕事、収入などがあるでしょう。その男にふさわしく、自分を磨くことが重要なのです。もし飲食店の彼の心をつかみたいなら、デートのとき、長く伸ばしてネイルアートした爪は禁物です。それに気づける女性になるために、自分の能力や感性、さらには体を磨いていかなければ、結局は自分が損をするのです。

本気でつき合う男性に対しては、自分のすべてを出して頑張ることです。そのためにこそ、遊びの男とは結婚しなかったのですから。また遊びを通じて少しでも大人なっていれば、余裕のあるおつき合いができるでし、「追いかければ逃げる」のが恋愛の鉄則です。ムリに追いかけなければ、向こうから近寄ってくるのです。そういう大人の女の技術も含めて勉強していきましょう。

レイクアルサ 審査

— posted by Kokoro at 06:43 pm  

大切な人に出会うために・・・男を見る目を磨く方法

真剣な愛情を注ぎながら、2人の男と二股交際はできなくても「片方は遊び、片方は本気」であるなら、ニ股どころか、三股でも四股でも可能です。そこで、まず遊びのテクニックを覚えましょう。遊びですから、ちょっとよさそうな男だったら、思いきって彼に乗ってやりましょう。

こうしていくと、男性心理が次第にわかってきます。また男がどういう女性を望んでいるか、どういうエッチを期待しているかも、わかるでしょう。かりに2人、3人と男の数をふやしていけば、男の扱い方、あしらい方も勉強できます。ここでいっておきますが、「そんなことをしたら、自分がダメになるかもしれない」という不安があるかと思います。そんなことはありません。

遊びのテクニックを身につけながら、しっかりしている女性を何人もいます。ただ男に誘われるのを待っているのと、誘いに乗ってやろうと待っているのでは、まったく心がまえが違うではありませんか。また、この遊びタイプの男には、恋心や愛情を抱く必要はないのです。

なぜ「遊びの男をもて」と強くいうかといえば、あせる心がなくなり、本質的にいい男を見分ける嗅覚が高まるからです。かりに遊びの男ができることで、結婚へのあせりはなくなるかもしれません。そうすれば、あなたはムリに結婚する必要はないのです。ムリに結婚して子どもができ、さらに離婚して苦労のどん底に落ちることも避けられます。

転職にしてもそうですが、結婚の繰り返しは人生の大損だと思います。たとえば職業でも、若いうちからさまざまなバイトをやって、もっとも自分に合った仕事を見つけるべきなのです。すぐに自分の天職を知るのは不可能に近いので、できるだけ早くから選ばなければいけません。

男性のこともそうです。できるだけ早いうちに、さまざまな男とつき合うのです。それは遊び、つまりバイトですから、天が与えてくれる本当の相手ではありません。結婚相手と巡り合うには、もう少し遊んで、女としての技術や男を見る目を磨かなければなりません。

— posted by Kokoro at 01:40 am  

 

遊びと本気の恋愛はあなたをいい女にする!

以前「The Sensuous Woman」(官能的な女)という本を書いた女性が、その本の最初に「わたしに愛の喜びを教えてくれたL・B、O・B・S、A・V・N、そしてA・V・Eに本書を捧げる」と書いていましたが、これで見ると彼女は4人の男に感謝しています。この4人の男性は、彼女にとってプラスの人だったのでしょう。

しかし、そんなプラスの相手とばかり出会えるはずがありません。誰でも、同じくらいのマイナスの男とつき合った経験があるはずです。多分、幸運な女性で3人に1人、不運な女性だったら、5人の男とつき合って1人もいないかもしれません。そこで男性にも女性にも、

  1. 遊びでのつき合い
  2. 本気でのつき合い

の2つに分けて、つき合うことをおすすめします。これは男には比較的容易にできますが、女性にはなかなかむずかしいでしょう。だから、中にはつき合っている男に捨てられたと泣く女性も出てきます。もともとその男は遊びでつき合っていたに過ぎないのです。

それを「本気でつき合ってくれている」と、女性が錯覚していただけなのです。「オレは最初から遊びだよ」と告げられて、傷つく女性が多いのは、彼女たちが遊びでつき合えないことを暗示しています。これでは女性に一方的に損でしょう。

それでも10代のうちは結婚する気がゼロですから、女子学生でも「エッチ3人、現在は彼氏1人」とクールに分類している人もいます。ところが20代に入ると、この境い目が微妙になり「エッチ5人、彼氏ゼロ」となるのです。しかも、エッチつきでつき合っている男すべてに遊びと本気が入り交じり、中には「エッチつき本気ばかり」で数人とつき合う女性も出てきます。

それも一度に何人もと本気になるわけではなく、1人と別れたり去られたりしてから次に2人めとつき合い、さらにそれともダメになって3人めとつき合う、という状態がふつうではないでしょうか。こうしていくと、一方的に女性が損をします。いつも真剣になってしまい、別れるたびに、心が空っぽになるからです。

— posted by Kokoro at 01:32 am  

 

いい男ほど女性の内面に惹かれるもの

たしかに失敗の危険性はありますが、よしんば失敗しても、それがとてもいい経験となり、あなたは大人の女性になっていくのです。男から見て「いい女」とは、ただかわいいだけの女性ではありません。たとえ顔がかわいくても、中身がなにもなければ、いい男からは簡単に捨てられてしまいます。もし顔のかわいさからとても男に愛されていたとしても、年と共にそのかわいい顔にはしわが出てきますから、必ずあきられるか、その変わりように心が離れていきます。

いい女とは、失敗にせよ成功にせよ、経験からしっかり学んだ人なのです。いい男も同じです。だから、顔に深みが出てきますし、大人としてのしっとりとした潤いも出てくるのです。

いま芸能界には、人気者の女性タレントや歌手が大勢いますが、10代であっても、とても大人びていると思いませんか?彼女たちはその年で、仕事や男関係で失敗と成功をいくたびか経験しています。だから、単にかわいいというより、ときどき翳(かげ)を感じさせることがあります。これが男には、すごい魅力なのです。

ではなぜ、ただかわいい顔の女ではダメなのか?なぜ経験を積んでいなければダメなのか?一例をあげましょう。「かわいい」「美しい」といわれている女性は、どこかにそれを誇る気持ちがあります。もし彼女に触ろうとしたり、キスをしようとしたりすると、「ダメ」「イヤ」、中には「やめてよ」と、顔に似つかわしくない声を出します。これで男はカチンときてしまうのです。

これに対して、失敗や成功の経験をもっている女性は、「そこまでね」と手を押さえたり、「次のときね」と優しくいったり、ときには自分から「チュッ」と軽くキスして「この次まで我慢して」と男をなだめます。これで、男はその女性を「離したくない」と心に決めるのです。

ほとんどの女性は「いい男」をさがすのに夢中で、ちょっとでも気に入らない男だと、頭にひびくようなきつい声を出すのです。ところがこの男性から「なんてイヤな女なんだ」という噂が広まり、結局、自分では「男に好かれないわけかない」と自信を抱きながらも、誰も近寄ってきません。「500メートルの恋」といって、恋に落ちる男女は、そう遠く離れていないものなのです。家が遠くても職場が近いとか、いまは離れているが以前は学校が一緒だったとか、なにか共通点をもっているものです。

これを逆にいうと、一人の男にイヤな面を見せつけてしまったら、500メートル以内の男は、その悪い噂を耳にする可能性が非常に高いのです。ただかわいいだけだと、顔で勝負するようになりがちですか、そんな顔に寄ってくるのは餌にたかる蟻(あり)みたいな男だと思わなければなりません。そこで、相手がいい男かどうか、思いきって経験してみましょう。

— posted by Kokoro at 01:21 am  

 

ただ眺めているだけでは、いい男かどうかはわからない!

男も女も、これだけたくさんの人間がいても、なかなかいい人が見つかりませんし、また見つかっても、その人の心をしっかりつかめません。特に女性は、「待つ立場」の人が依然として多いので、つき合う男さえ見つからないようです。それだけ出会いが少ないのでしょう。

ところで、「飢え」には二種類あるといいます。わかりやすく食べものの話を例にあげてみると、米や野菜、肉など食料がなければ当然飢えてしまいます。ところが、いまのように食べものがいくらでもあると、おいしい料理に飢えてくるのです。

ラーメンはどこでも食べられるけど、おいしいラーメンがない。するとおいしいラーメンに飢えてしまうのですが、これがいまの状況です。これを男女関係に当てはめると、街には大勢の男たちがいながら、肝心のいい男が見つからないため、女性は「飢えて」しまうのです。中には「このくらいの男で我慢しようか」と、自分には向いていない男性とつき合ってしまう人もいます。

それが、ますますいい男に飢える状況をつくってしまうのです。しかし、食べものがそうであるように、自分で味わってみなければ本当の味はわかりません。ここが重要な点です。経験してみなければ、男性にしても、本当にいい男かどうかわからないのです。

「しない後悔よりした後悔」が大切だと思い、これまでの人生を歩んできました。「いい相手がほしい」と思っていても、思うだけでは絶対に現われません。行動しなければ、いい相手は手に入らないのです。しかし、あなたはそれか怖いのではないでしょうか?なぜなら、失敗を恐れているからです。

— posted by Kokoro at 01:16 am